【オープニング大セール】 カレッジ スポーツ ユニフォーム NCAA カフリンクス University of Wisconsin Badgers Cufflinks Officially Licensed - www.mylunabeauty.com

舌側矯正(裏側矯正)とは、歯の裏側に装置をつけることで人に矯正している事を気づかれずに治療できる矯正方法になります。
表側矯正の場合も舌側矯正(裏側矯正)の場合も同様の治療結果を出す事が出来ます。
TOSTEM ドア・引戸用部品 錠 玄関・店舗・勝手口・テラスドア 把手:把手セット[D4Y59],
舌側矯正(裏側矯正)のメリットとデメリットに付いてご説明します。

大光電機 LZD-93130EBM LEDダウンスポットライト 埋込穴φ125 LZ4C/LZ3C CDM-T70W相当 17°中角形 温白色 Q+98クラス

特別価格20-Piece Ceramic Toni Dinnerware Set, Linen好評販売中

表側矯正でもブラケットやワイヤーを目立たないものに変えることで人に気づかれにくくはなりますが、それでも対面してお話したり、食事をとる際に矯正していることが周りから見てわかります。
歯の裏側に矯正器具を取り付けるため、矯正している事が他人にはわかりません。
なので、矯正中の見た目が気になる方にオススメです。

【オープニング大セール】 カレッジ スポーツ ユニフォーム NCAA カフリンクス University of Wisconsin Badgers Cufflinks Officially Licensed - www.mylunabeauty.com

(まとめ) エーワン合同会社 屋外でも使えるサインラベルシール フロア用保護カバー付きタイプ 光沢フィルム・ホワイト A4 1面 6セット入 〔×3セッ...[直送品],
裏側矯正であれば、はじめは食事が取りづらく感じますが、もし矯正装置に物が詰まってしまっても他の人に詰まっていることを見られることはありません。

Barski ゴブレット - ワイングラス - ウォーターグラス - クリスタル - 6個セット - ステムグラス - 赤または白ワイン - ゴールド,

舌の下には舌下腺という唾液腺があります。歯の内側は常に唾液で潤った状態のため、裏側矯正を行うと唾液の持つ殺菌作用や自浄作用により表側矯正よりも虫歯のリスクが下がります。
採風勝手口ドアFS サーモスA LIXIL 断熱アルミ窓 サッシ寸法 07420 W780×H2030 mm 複層ガラス アルミサッシ 勝手口 ドア リフォーム DIY,

(まとめ) エーワン ラベルシール 強粘着タイプ A4 12面 100シート入〔×2セット〕[直送品],

遠藤照明 ERX9683S (給電コネクター別売) ベースライト 間接照明・建築化照明 LED

表側矯正が15〜30万(※要確認)なのに対し、フルリンガル矯正(上下とも舌側矯正)の場合90万ほど費用がかかります。
これは舌側矯正(裏側矯正)では、お口をのぞきながら治療する必要があるので施術時間が表側矯正と比べてかかってしまいます。また、治療には高度な技術が必要となることから表側矯正と比べて費用が高くなってしまいます。

遠藤照明 ERK9082W+RAD-457WWB 『ERK9082W+RAD-457WWB』 ベースライト 天井埋込型 LED

歯の裏側に器具をつけるため舌を歯につけて行う発音がしにくくなります。日本語ではさ行、た行、ら行の発音が不明瞭になります。
発音練習をして装置に慣れてくれば解消されますが、練習を怠ると矯正終了まで発音がそのままになる方もいます。

【オープニング大セール】 カレッジ スポーツ ユニフォーム NCAA カフリンクス University of Wisconsin Badgers Cufflinks Officially Licensed - www.mylunabeauty.com

矯正装置が付いていると普段よりブラッシングがしづらくなりますが、裏側矯正だと装置の状態が見えないことや装置と装置の間隔が狭いことからブラッシングがしにくくなります。

舌側矯正(裏側矯正)は高度な治療技術が必要となるため、表側の矯正と比較すると若干費用が高くなる傾向にあります。
ただし、下の歯は表側矯正でも器具が目立ちにくいという特性を活かし、上の歯のみ裏側矯正を選択される「ハーフリンガル」というスタイルをご希望される方もいらっしゃいます。
ハーフリンガル矯正であれば舌が装置に触れにくいため喋りづらさもフルリンガル矯正と比較して少なくなります。
表側矯正の利点と舌側矯正(裏側矯正)の利点を兼ね揃えたハーフリンガル矯正はどちらの治療にするか費用で悩まれている方にはオススメの治療方法になります。
ただし症例に応じては適応できない場合もありますので、一度医師にご相談していただけたらと思います。